複合ラグーンシステム®とは?

自社技術:複合ラグーンシステム®
主に畜産廃水処理プラント全国300基以上納入

特色

回分式活性汚泥法

複合ラグーンシステム®は、食品工場廃水・家畜のし尿廃水など有機性廃水の浄化に優れた機能を発揮します。25年の歴史と全国300基の納入実績を誇り、中でも養豚廃水処理においては、トッププラントメーカーとして高い信頼と評価を頂戴しております。

ひとつの処理反応槽(複合ラグーン・曝気槽兼沈澱槽)

[原水流入]、[曝気工程]、[曝気停止・汚泥沈澱]、[処理水取り出し・放流]をエンドレスに繰り返します。

希釈水が不要

処理反応槽などでの悪臭はありません。希釈水が不要です。

負荷変動への弾力性

廃水の量・濃度などは常に変化しますが、これに対応した弾力的運転が容易です。

低ランニングコスト

過不足ない電力消費の調整などが容易に行え、機械類の故障や消耗が少なく省人力のため維持管理費を低く抑えられます。

極めて単純化された設備内容

管理作業工数がすくないため誰でも容易に運転管理を行えます。活性汚泥の質が安定しているため余剰汚泥の脱水処理も簡単です。

機能

無希釈のもと、高濃度(BOD 30,000ppm)の有機性廃水のBODSSを高度に除去し、更に、脱窒(窒素除去)、生物脱リンにも優れます。特に脱窒には秀でており、平成25年度からの規制基準にも対応しております。また、薬注によるリン等の高度処理にも必要に応じ対応します。

計測・自動運転制御

各種センサーを反応槽に常設しています。機械作動とあわせ、センサーデータがグラフに記録されます。これらのデータをみながら曝気出力などを調節するので管理が極めて容易で、安定した処理水質が得られます。

遠隔監視(リモートモニタリング)システム

遠隔地(当社集中監視センター)でデータを監視し、リアルタイムで現場の運転管理をお手伝いしております。自家用廃水処理に於いて、低コストでのここまでのサービスは他に類を見ません。

余剰汚泥処理

低動力・少部品・耐腐食・省洗浄水の脱水機による処理が標準です。

ページのトップへ戻る