浄化の流れ

特色

自動制御・遠隔監視システム

自動制御・遠隔監視システム アニメーションを見る
ラグーンの中には大量のバクテリアが培養されています。これを活性汚泥といいます。
商品一覧
  1. 粗ごみ(0.5mm程度以上)をスクリーンで除去し、汚水を一旦流量調整槽に貯留します。
  2. 一定時刻が来ると汚水はラグーンに投入され、曝気(エアレーション)が開始されます。酸素が供給されると、バクテリアが投入された汚水に含まれる栄養(BOD、窒素)を食べ、炭酸ガスと水・窒素ガスに分解します。これが浄化の基本原理です。
  3. 浄化が完了すると曝気を停止し静置するとバクテリアはラグーンの底に沈んで水面には浄化後の上澄水が現れます。
  4. これを取り出して放流すればひとつのサイクルが完了です。

1日1〜3サイクルを自動でエンドレスに繰り返します。
一定量以上のバクテリアは不要(余剰汚泥)なため取り出し、脱水機により水を分離します。
脱水ケーキは通常、堆肥化施設にて発酵堆肥化し畑地に還元されます。

ページのトップへ戻る