木になるはなし

ユキヤナギ
ユキヤナギ

ユキヤナギ(雪柳)とコデマリ(小手毬)

学名:Spiraea thunbergii
学名:Spiraea cantoniensis


春の風物詩といえば桜の「お花見」ですが、江戸時代前までは、春の行楽にユキヤナギを求めて山野に出かけた人も多かったようです。

ユキヤナギは見てのとおり、白い小花が雪に、葉が柳に似ているところからこの名前がつきました。別名で、コゴメヤナギ(小米柳)、コゴメザクラ(小米桜)とも呼ばれ、原産地は日本と中国です。花言葉は「殊勝」「愛嬌」。

樹高は大きいもので2メートルにもなります。12月から1月ごろにポツポツと花を咲かせ、3月下旬には一気に咲き始めます。細い枝が芽吹き、純白の花が序をつくり出すと、いよいよ春本番です。


コデマリ
コデマリ
同じバラ科のシモツケ属で、ユキヤナギとよく似た白い花を咲かせるのがコデマリです。原産地は中国で、別名スズカケ(鈴掛)、テマリバナ(手毬花)とも呼ばれます。

ユキヤナギと同様、花の重みでしだれた枝が風情ある雰囲気を醸し出すので、古くから茶花としても愛好されてきました。

このふたつの花の違いは、枝からの花の出方にあります。ユキヤナギは4〜6個の花が直接枝から束になって咲くのに対し、コデマリはいったん枝から花梗(花 柄)が出て、その先に20個ほどの花が集まって半球状の花序をつくります。この花序を小さな毬に見立てたのが名前の由来とか。ユキヤナギやコデマリは耐 暑・耐寒性もあり、成長力も抜群です。春の純白の花だけでなく、夏の葉や秋の紅葉など、お庭で育てて四季折々の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る