木になるはなし

スギ(杉)

スギ(杉)

学名:Cryptomeria japonica D.Don

スギと聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか? 京都の北山杉に台杉、日本3大美林の秋田杉、屋久島の縄 文杉に弥生杉、生まれ故郷の杉林、あるいはにっくき花粉症、杉良太郎にサンダー杉山・・・?

スギは日本特産の常緑針葉樹で、北海道南部から屋久島までの各地に広く分布、または栽培されている、わが 国の主要樹木です。すくすくと立つ木、幹が直立していることからス(直)キ(木)、すなわちスギと名付けられました。

私は、スギといえば、やはりその巨大樹たちに目を惹かれます。スギは、日本に生息する樹木のなかでは最も寿 命が長く、樹高も高くなる樹木です。高知県の南大杉は樹高68メートル(現在は雷などの被害で58メートルとされ ている)、屋久島の縄文杉は幹周16.1メートルを記録しています。樹齢についても、縄文杉は約7200年を数え、ほかにも1000年を越える巨木が全国 に多数あります。

スギ(杉)
1993年に世界遺産に指定された屋久島の森では、1000年を超えて、 やっと一人前の屋久杉と呼ばれ、それ以下の樹齢では小杉(コスギ) と呼ばれ、子ども扱いされるほど。また屋久杉は風や虫に打ち勝つ遺 伝子が葉ダニを寄せ付けず、実がつかないので、花粉が飛び散りませ ん。現在、屋久杉の遺伝子によるクローン杉の開発・研究も行われて おり、その不思議なパワーが注目されています。

皆さんもぜひ一度、スギの姿を借りた巨大な神さまが多く住むという屋久杉の森を散策してみてはいかがですか?

データ

開花時期は3月から5月。
耐寒性に優れるが大気汚染に弱い。

ページのトップへ戻る