木になるはなし

サクラ

サクラ

学名:Prunus Yedoensis Matsumura(ソメイヨシノ)
学名:Prunus Jamasakura(ヤマザクラ)
学名:Prunus Pendula(シダレザクラ)


各地で花便りが聞かれるようになり、お花見シーズンも間近。日本を代表する花といえば、やはり“桜”でしょう。入学、入社の時期と重なることもあり、人それぞれの思い出と結びついた各地のサクラ。

サクラ

このサクラにも実にさまざまな種類があります。大別して山桜系と里桜系に分かれ、東京では上野公園と新宿御苑が 里桜系のソメイヨシノ、大阪では造幣局の“通り抜け”はサトザクラ、大阪城北の丸庭園はソメイヨシノとヤマザクラ、京都円山公園のシダレザクラは里桜系と いった具合。

咲き姿のみごとさで有名なソメイヨシノは、江戸時代、染井村(現在の豊島区)の植木屋さんがつくった“オオシマザクラとエドヒガンザクラの雑種(ハイブ リッド)”で、寿命は50〜70年と桜としては短命です。ということで樹齢数百年におよぶ桜の巨木はソメイヨシノではなく、山桜系の野生種が多いようで す。

桜は散ってしまえば忘れられがちですが、ふだんの生活にもいろいろと利用されています。花は塩漬けにして桜湯、あるいは焼酎漬けや染料に。葉は桜餅や漢方 薬、樹皮は茶筒、弁当箱などの工芸品に、木質部は版木や家具、そして木屑は薫製用のスモークチップとして、根はその抽出液を染料に、といったように。

花の散った後の桜もこうして気をつけてみるとまた、おもしろいものですね。


データ

「サクラ」とは、バラ科サクラ属の植物のなかで、ウメ、スモモ、アンズ、モモなどを除いた花の美しい一群のこと をいい、ヒマラヤ以東、日本、中国に自生する。日本ではヤマザクラ系、ヒガンザクラ系のほかミネザクラ、マメザクラ、チョウジザクラが知られ、栽培される ものに、カンヒザクラ、ソメイヨシノなどがある。

ページのトップへ戻る