木になるはなし

ライラック
ライラック

ライラック

学名:Daphniphyllum macropodum

「紫に白の絵の具をたっぷりとかきまぜたようなリラの花の色と、その香りが好きだった」とは、昔読んだ三浦綾子著『ひつじが丘』の冒頭ですが、いまだに春になり、こぼれんばかりに咲いているライラックの姿を見ると、この小説を思い出します。

当時「リラ」という植物の存在を知らなかった私はすぐさま図鑑で調べ、そのとき初めて「リラ」の別名が「ライラック」(和名:ムラサキハシドイ)であること、ヨーロッパ東南部、バルカン半島原産で、日本へは明治中期に渡来してきたことを知りました。

以来春になると、優しい雰囲気とすばらしい芳香を持つこの花を見つけるのが楽しみとなっています。

ところで、ライラックの甘く華やかな香りは、いまでこそ香水やフレグランスキャンドルとして楽しまれていますが、ひと昔前までは似た香りの香料を混ぜた合 成香料しかありませんでした。植物から香水の原料となる香料を作るには、エーテルのなかに花弁を入れて花の香りを移し、それを蒸留して残った花蝋が香料と なります。しかしライラックの場合、作業途中で香りが壊れてしまい、天然の香りを抽出することができませんでした。


ライラック
ところが日本のある大学教授がライラックの香りが移ったエーテルを蒸留する際、うっかり温度を上げ忘れてしまったところ、残った花蝋から、長い間求めていたあの甘い香りが放たれていたのです。

多くの文豪や詩人に愛され、歌にもうたわれたライラック。葉はハート型で、花は普通4つに分かれていますが、運良く5つに分かれている花を見つけたときには、黙って飲み込むと大切な人が永遠に離れていかないとか。花の姿と香りにぴったりなロマンチックな言い伝えですね。



データ

モクセイ科ハシドイ属の落葉低木。庭木や公園樹・花材として植栽されており、園芸品種も多い。札幌の大通り公園には約400本のライラックがあり、毎年5月には「ライラック祭り」が開催される。

ページのトップへ戻る