木になるはなし

夾竹桃(キョウチクトウ)
キョウチクトウ

夾竹桃(キョウチクトウ)

学名: Nerium indicum

花の少ない夏に、強烈な日差しを受けて咲き誇るキョウチクトウ。太陽を好む常緑樹で、青空が似合います。インド や中近東など熱帯原産の植物で、日本では中国を経て、江戸時代に渡来しました。葉が竹のように細長く、花が桃の花に似ていることから、竹と桃が合わさった ものという意味でこの名前が付きました。

ふつう植物というのは、排気ガスなどの公害には弱いものですが、キョウチクトウは公害にも強いため、高速道路の中央分離帯、生垣、街路樹などによく用いられ、都市の緑化に大変役立っています。

キョウチクトウが排気ガスに強いのは、植物が光合成を行う際に二酸化炭素・酸素などを出し入れする「気孔」と呼ばれる部分に、ほかの植物に比べて多数の毛 が生えていて、これが体内に入る有毒ガスやゴミなどを除去するフィルターの役割を果たしているからです。要するに、人間の鼻毛と同じような役割を持ってい るというわけです。

原爆で被災した当時の広島の街では、生命力の強いキョウチクトウが、被災時の盛夏の花として市内各所に植えられました。そして原爆被害者への慰霊の意も込めて、広島市の花に選定されています。

夾竹桃(キョウチクトウ)
白いキョウチクトウは清楚な雰囲気
またキョウチクトウの花は公害に強いという実用面ばかりではなく、本来の桃紅色のほかにさまざまな新種が開発さ れ、色は白、桃、赤、黄、また一重咲きから八重咲きなどのバリエーションが揃っており、最近は園芸用としても見直されています。ただし、花や葉、樹皮には 有毒成分が含まれており、誤食すると嘔吐、心臓発作を起こすこともあるのでご注意を。



データ

カキノキ科の落葉樹。果実のへた(柿蔕)はしゃっくりに、果肉は酒酔い、葉や渋柿の絞り汁は高血圧に、干し柿の霜は口内炎などの薬効あり。

ページのトップへ戻る