木になるはなし

バラ(薔薇)

バラ(薔薇)

学名:Rosa×hybrid

 

「緋衣」
「シャーロット」
「トゥルーズロートレック」
「マサコ」
「シーザー」
「正雪」
「友愛」
「うらら」
花の女王として世界中で愛されてきたバラの品種は2万種を超えるといわれていますが、その起源となった野生のバ ラは、5枚の花びらしか持たない小さな花でした。日本でも野生種としてノバラ、ハマナスなど200種あまりが見られます。古くから品種改良が行われ、紀元 前300年には、すでに100枚の花びらを持つバラがあったとか。

日本でバラといえば5〜6月ごろを思い浮かべるように、ヨーロッパの園芸品種も当初はほとんどが一季咲き(1年のある時季だけ咲く)でした。18世紀に四 季咲きの中国のバラがヨーロッパに入るようになり、春だけでなく秋にも楽しめる花木として新しい品種が次々と世に出されました。

バラの花としてイメージされる代表的な形は、花びらが反りかえって先がとがった“剣弁咲き”と呼ばれるものでしょう。ケーキの生クリームなどで作るあの花 型です。1867年「ラ・フランス」という品種が登場し、これがまさに“剣弁咲き”でした。一般的には、これ以降に生まれたバラを“モダンローズ”、それ 以前からあったものを“オールドローズ”と呼んで区別しています。

なごみたい夜には、バラの花鉢でも買い求めて、部屋いっぱいのバラの香りに包まれながら読書なんていかがですか?

データ

植物学上のバラの仲間では「バラ科植物」として林檎、梨、桃、梅、桜、雪柳などバラとは縁のなさそうな木も多いが、分類としては原型の花弁が5枚の放射相称、子房下位(果実がガクより下にある)であることなどを共通点としている。

ページのトップへ戻る