木になるはなし

アジサイ

アジサイ

学名: Hydrangea Otaksa

梅雨は日本特有の気候ですが、酷暑の夏を迎える前の静寂のひとときを与えてくれるようにも思えます。

しとしとと降り注ぐ雨に鮮やかさをますアジサイは、万葉の時代から日本人に愛されてきました。江戸時代に長崎に住んだオランダ人シーボルトも、日本原産のこの花木にいたく魅了されたようで、帰国後に「Hydrangea Otaksa」という学名でヨーロッパに紹介しています。ちなみにこの「Otakusa = オタクサ」という名の由来は、長い間不明でしたが、シーボルトが恋人を描いた肖像画に「Otaksa」と記していたことから、楠本滝、通称“おたきさん”だということが判明しました。帰国後のシーボルトは、お滝さんへの思いを学名に託したのでしょう。


ガクアジサイ
ガクアジサイ
アジサイ(紫陽花)は、咲きはじめの淡緑から淡青紫、そして紅紫へと色合いが変化するのでシチヘンゲ(七変化)とも呼ばれています。おかげで、「移り気、浮気」などと不名誉な花言葉をいただいていますが、どのアジサイでも同じように何度も色が変わるわけではありません。そのメカニズムは完全には解明されてはいないものの、土中のアルミニウムの吸収が十分であれば青くなり、わずかであれば赤くなるということが分かっています。つまり、酸性度の高い方がアルミニウムを吸収しやすいので、ちょうどリトマス試験紙の反応と同じようになるわけです。

ところで、大輪の花のように見える部分を花弁(花びら)だと思っている人が多いのではないでしょうか。実はその部分は「がく片」なのです。本当の花びらはその真中に小さく固まっています。アジサイの原種である「ガクアジサイ」も、周りの飾り花が「ガク片」なのです。

さあ、梅雨の合間を縫って、一雨ごとに色合いの変わるアジサイを見に出かけてみませんか。

データ

アジサイは肥沃な湿潤地を好み日陰でもよく育つ。 花後(6〜7月)の挿し木でも翌年花を楽しめる。

ページのトップへ戻る